2014年8月アーカイブ

うもの
成長期といって毛がのびる時期があり、退行期といって成長し終えた毛が抜け落ちるまでの期間、休止期といって抜けた毛が再び成長を始めるまでの期間をずっと繰り返していて、これを毛周期と呼んでいます。

自分で毛抜きなどで毛を抜いてもまた伸びてきますよね。
それは、毛には毛根という部分があり、その中にさらに毛乳頭という毛母細胞に栄養を与える部分が存在していて毛が成長するわけです。
永久脱毛というのは、この毛乳頭の部分を破壊することで毛の再生を抑えます。

そして、現在主流となっている光脱毛というのは、毛乳頭にあるメラニン色素に反応して脱毛するという方法です。
メラニン色素というのは成長期にある濃い毛にたくさん含まれていますので、この成長期にある毛をねらって脱毛していくわけです。

ですから、毛は順番に成長期に入り休止期に入りを繰り返していますから、毛周期というのをきちんと把握して、成長期にあたる毛を順番に脱毛していくことが大切です。
だいたい毛周期というのは、部位によっても違いますが、ワキなどの場合は2、3ヶ月というサイクルで回っているようですから、2、3ヶ月に1回というペースで通えるといいのではないでしょうか。

ただ毛周期に合わせたとしても、全ての毛がきちんと脱毛できるとは限らず、途中できれてしまったりすることもありますし、毛の量によっても違いがあることを理解しておくといいでしょう。
また、ワックス脱毛などをしている方は毛周期もだいぶズレが生じている場合が多いので、サロンの方とよく相談しながら施術していくといいでしょう。

このアーカイブについて

このページには、2014年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年7月です。

次のアーカイブは2014年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。